スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の方程式 感想

真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション
(2013/12/25)
福山雅治、吉高由里子 他

商品詳細を見る



前から観たかった作品!

ネットの接続状況が悪いので完結に。


久々のガリレオシリーズ。
相変わらず話の展開の仕方にキレがあってよかったです。


海綺麗だったなあ…というのが一番の印象だったり(笑)

いろんな秘密が絡まり合いもつれ合いな話でした。
娘の人生を守るために自ら泥をかぶったり
秘密に押しつぶされそうになったり。

人の命を殺めてしまったら
自分ひとりでは背負いきれないほどの重荷がくるんだろうなと思いました。
それを背負って生きていくのはそれ以前の苦しい状況よりも
さらに苦しいものではないかとも。

秘密を隠すためにさらに秘密が増えていくのも怖いですね。

ひとつ、殺人の片棒を何も知らない甥に背負わせてしまったのは特に許せませんね。
いつか絶対に気づくのに。
何も知らなかったとはいえ事実は変わらないし、
その子は一生背負い続けなければいけないのに。
おじさんはそこまで思い至らなかったのでしょうか。



海の中を見る実験のシーンが好きでした。

原作も読んでみたいな。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。