スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年】読書まとめ3

2012年の読書メーター
読んだ本の数:204冊
読んだページ数:34297ページ
ナイス:2450ナイス
感想・レビュー:204件
月間平均冊数:17冊
月間平均ページ:2858ページ



朝1時間勉強法朝1時間勉強法感想
「今年やれない人は来年もやらない」常に肝に命じておきたいものです。どれも当たり前のことだけど実践に移すのはなかなか難しい。やる気をあげるためにいい本でした。
読了日:9月23日 著者:山本 憲明
特装版“末摘花特装版“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)感想
末摘花といいつつも今までの登場キャラがふんだんに動いてる巻。比較的に帆夏メインな巻。次巻“朝顔”へ向けての余興みたいな感じも。ラストに動き始めたこともあり次巻楽しみです。前巻まではどちらかというと真面目な話が続いていたので、コメディ(ラブコメ?笑)要素が強いこの巻は結構お気に入りです。あと通常版、特装版共々表紙が素敵!
読了日:9月19日 著者:野村美月
クジラの彼 (角川文庫)クジラの彼 (角川文庫)感想
個人的には爽やか甘めな恋愛短編でした。自衛隊もののお話なんてめったに出会えないので十分に興味を持ちつつ読了。「クジラの彼」の聡子、「有能な彼女」の望、「ファイターパイロットの君」の光稀…など。有川作品には魅力的な女性が多いですね!お話としては「クジラの彼」「ファイターパイロットの君」が好きでした。
読了日:9月16日 著者:有川 浩
家庭教師ヒットマンREBORN! 40 (ジャンプコミックス)家庭教師ヒットマンREBORN! 40 (ジャンプコミックス)感想
ついに40巻。ツナの成長を垣間見ることのできる1冊でした。アルコバレーノの謎が明らかに!そろそろ終演も近いのでしょうか。
読了日:9月9日 著者:天野 明
“文学少女“文学少女"と飢え渇く幽霊(2) (ガンガンコミックスJOKER)感想
考えてみれば原作を読んでからもう2年経ってるし、結構忘れてる部分も多いな…と実感。(シリーズ作品で一番印象薄かったっていうのもあるんですが…汗)でも改めて漫画で読んでみると結構好きかもです。時間経てば感性変わるものですね。漫画としては展開が遅いかもしれないけど、”文学少女”的にはすごく良い進み方だと思います。
読了日:9月8日 著者:野村 美月,高坂 りと
きみはポラリス (新潮文庫)きみはポラリス (新潮文庫)感想
最強の恋愛小説集という謳いにひかれて。確かに最強でした…。『舟を編む』に続き2作品目のしをんさん作品だったのでギャップが大きかったけれどすっきりと読むことができました。「森を歩く」「冬の一等星」がお気に入り。
読了日:9月6日 著者:三浦 しをん
傍聞き (双葉文庫)傍聞き (双葉文庫)感想
短編推理小説。予想を遥かに超えて面白かった。概念覆されるこの感覚好きです。数時間でさくっと読むことができました。表題「傍聞き」と「迷走」がお気に入り。
読了日:8月29日 著者:長岡 弘樹
ピエタピエタ感想
大島真寿美さん初読!昨年冬の読書感想文コンクールで出会って、今年の本屋大賞で再び出会い、最後に図書館で出会ってようやく読む機会を得ることができました(笑) 読後に「この方の他の物語も全部読み尽くしたい!」って思うのはいつ以来でしょうか。久々にガツンとくるものを頂きました。 淡々と静かに進められていく物語だからこそ、より一層魅かれます。 図書館に返しに行ったら、改めて本屋に行って購入してこようと思います。(再読後に内容のほうの感想を書こうと思います…汗)
読了日:8月28日 著者:大島真寿美
7と嘘吐きオンライン―HERO個人作品集―(ガンガンコミックスONLINE)7と嘘吐きオンライン―HERO個人作品集―(ガンガンコミックスONLINE)感想
表題作『7と嘘吐きオンライン』Twitterが題材のお話。現役高校生の自分が言うのも変だけど、ツイートが高校生らしくて新鮮。オフラインとオンラインのギャップにもすごく共感。同じ学校のなかで繋がりがあるって少し羨ましいなと思った。ま、私が故意的に隠してるんですけどね(笑)『レッテルのある教室』すごく現実味がありすぎて…もし私にも紙が見えてたら同じように振り回されてるだろうな。若月くんのように自分らしくありたいものです。人からの評価っていうところでは『臆病色にひかるキャンバス』にも共通。私自身も人からの評価に
読了日:8月24日 著者:HERO
交感ノートは喋らない HERO個人作品集2 (ガンガンコミックスONLINE)交感ノートは喋らない HERO個人作品集2 (ガンガンコミックスONLINE)感想
初めて堀宮から離れました。表題『交感ノートは喋らない』こういうの大好き!小学生の頃、交換ノートとかよくやってたなぁ…とか思いながら読んでました。きゅんきゅんしますね(笑)あと二人とも性格がツボでした。『僕のロスト日記』切ないです。読み終わる前まではドロドロな家庭図とか色々考え巡らせてましたけどね!笑。でもそこはやっぱりHEROさん節が出てると思います。『微熱ディスプレイの世界』やりきれません…。端から見たら結構痛いけど、切なすぎます。
読了日:8月24日 著者:HERO
理系の人々理系の人々感想
理系のあるあるが満載!完全に文系人間な私ですが見覚えのあるネタがいくつか…(笑)たとえ人間関係に疎くても憎めないです。そうなんだ〜っていう情報もちらほら含まれており、楽しく読むことができました。久々に立ち読みで全部読みきったかも。
読了日:8月24日 著者:よしたに
堀さんと宮村くん(10)(完) (ガンガンコミックスONLINE)堀さんと宮村くん(10)(完) (ガンガンコミックスONLINE)感想
ついに卒業!宮村くんの回想でまた1巻から読み直したい衝動に駆られました。すべてが素敵な出会い。その出会いから生まれた笑いあり、感動ありの心暖まる物語でした。最終回まで読んだ今では一つ一つのエピソードがとても愛おしく感じられます。
読了日:8月23日 著者:HERO
堀さんと宮村くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)堀さんと宮村くん(9) (ガンガンコミックスONLINE)感想
安田先生が本当にいいキャラ(笑)こういうこと真面目にいうキャラが一人いるだけで大分変わりますね。それにしても堀さんネタは他人事じゃなかった。
読了日:8月22日 著者:HERO
堀さんと宮村くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)堀さんと宮村くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
プロポーズ!いっちゃうのかぁぁ!!みたいな感じでした(笑)本音言うとそこの印象が強すぎて他あんまり覚えてない…というわけでもう1回読み直そうと思います。
読了日:8月21日 著者:HERO
共喰い共喰い感想
芥川賞作品を読むのは初めてだと思うんですが、賞に疑問符が残る結果になりました。何度読むのを挫折しそうになったか…汗。私にとって、いろんな意味で新しい読者開拓をした気がします。内容はともかく文章の雰囲気はそこまで嫌じゃなかったです。
読了日:8月19日 著者:田中 慎弥
Bloomin'5Bloomin'5感想
再読。胸キュン度が尋常じゃないです!ちょいちょい登場する神威さんもよかった。夏色、嘘と本音の境界線、アイのうたコイのうた、photographがお気に入り。
読了日:8月16日 著者:アンソロジー
カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)感想
8月15日なので(笑)曲の方から来たから内容理解はしやすかったです。久々にぶっ飛んだストーリー設定の本を読んだ気がします。もちろんキャラも個性豊か。間髪置かず数時間で読める感じの読みやすさでした。でもまさかシリーズだったなんて…!次も機会があれば読もうと思います。
読了日:8月15日 著者:じん(自然の敵P)
サマーウォーズ (角川文庫)サマーウォーズ (角川文庫)感想
今年映画の方を初めて観て好きになった作品。映画ではカットされたシーンもいくつかあり、違う視点から楽しむことができた。また映画観たいなぁ…と思えるような作品です。
読了日:8月14日 著者:岩井 恭平
スターダスト・ウインク 9 (りぼんマスコットコミックス)スターダスト・ウインク 9 (りぼんマスコットコミックス)感想
絢音ちゃん急浮上な9巻。颯くんの真意は!?それはさておき、日向良いですね!最高!!悪態ついてても素敵です(笑)もちろん人気投票は日向くん!次楽しみです。
読了日:8月12日 著者:春田 なな
歌ってみたの本 Girl's Bible (エンターブレインムック)歌ってみたの本 Girl's Bible (エンターブレインムック)感想
女性の歌い手様特集。インタビューを通して少し裏側がかいまみえる感じで読んでて楽しかったです!「歌い手」って奥が深いなと思いつつ、一番伝えたいことは共通していました。皆さんとても輝いて見えます!!
読了日:8月12日 著者:
スターダスト・ウインク 8 (りぼんマスコットコミックス)スターダスト・ウインク 8 (りぼんマスコットコミックス)感想
マリちゃん恐るべし。一口に天然と言っても、ああいうタイプは怖いかな(汗)久々に3人がうきゃうきゃやってるところが観られて良かったです!日向退学になっちゃったけど…これはまた同じ学校フラグ?新刊早く買ってこなければ!笑
読了日:8月11日 著者:春田 なな
銀魂―ぎんたま― 40 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 40 (ジャンプコミックス)感想
ラブチョリス…暴走しすぎ…。というか40巻が今までのどの巻にも劣らず暴走してますね(汗)将軍も可哀想に…。でも携帯の話は神楽が可愛らしかったです。
読了日:8月6日 著者:空知 英秋
銀魂―ぎんたま― 39 (ジャンプコミックス)銀魂―ぎんたま― 39 (ジャンプコミックス)感想
全巻を読んでから大分時間が経ってしまったけれど(なぜかずっと積読してた)、これぞ銀魂!みたいな感じでした(笑)どの話をとっても自重がなくて、時に爆笑。アニメ版でドッキリの話観てみたいなぁ。銀さんの顔がすごかった(笑)
読了日:8月5日 著者:空知 英秋
Bloomin’ 3Bloomin’ 3感想
再読。出だしからによによさせられっぱなしでした(笑) ★お気に入り★カワイイヒト/H2O/No Title
読了日:8月5日 著者:
こころ (集英社文庫)こころ (集英社文庫)感想
解釈の難しさと読了感は『人間失格』を思わせた。1回読んだくらいでは話の流れくらいしかつかめなかったけど、個人的には読みやすい作品だった。次読んだときはまた感想も解釈も変わってくるんだろうな。
読了日:8月4日 著者:夏目 漱石
flat(5) (アヴァルスコミックス)flat(5) (アヴァルスコミックス)感想
平介の苦悩巻。普段ゆるゆるな分、はまったら抜け出すのも難しいんだろうな。クリスマス(前)編で結構引っ張ってたけどその次がいきなり年末で少し拍子抜け。クリスマスケーキ計画のその後が少し気になる。
読了日:8月4日 著者:青桐ナツ
flat(4) (アヴァルスコミックス)flat(4) (アヴァルスコミックス)感想
子供の喧嘩。本人たちは真剣なんだろうけど、端からみるとあんなに可愛いんですね!笑 ケーキの話は途中でケーキが台無しになるっていうハプニング展開にならなくて良かったです。停電になったときは本当にヒヤヒヤしました。
読了日:8月1日 著者:青桐ナツ
flat(3) (BLADE COMICS)flat(3) (BLADE COMICS)感想
あっくんみたいな弟が欲しいです。でも今時なかなかいないよね(苦笑)五歳児の誓いは固くて重いんだな-。私にもその純粋さが欲しいです。
読了日:8月1日 著者:青桐ナツ
flat 2 (BLADE COMICS)flat 2 (BLADE COMICS)感想
はじめてのおつかい。あっくんそれ以上のことを成し遂げてるよ!かっこいいよ!このゆるい感じ大好きだ‐。ヨーコもでかしたね。鶏と会話できるなんて楽しそうだわぁ。続きが気になります。
読了日:7月31日 著者:青桐 ナツ
flat (1) (BLADE COMICS)flat (1) (BLADE COMICS)感想
あっくん癒し。可愛すぎます。平介のオーラにもゴーンときました(笑)全登場人物、愛すべきキャラが揃った漫画です。これはまとめ買い決定かな。 それにしても…あんな素敵なホットケーキ作れない…笑
読了日:7月30日 著者:青桐 ナツ
焼きたて!!ジャぱん (11) (少年サンデーコミックス)焼きたて!!ジャぱん (11) (少年サンデーコミックス)感想
スポーツパンの世界も奥が深いなぁ。海苔の栄養価がそんなに高いなんて知らなかったです。カイザーの図、何度見てもシュールです…。ずっと手で歩いててパンを作るときの衛生面のほうが気になります。たとえ消毒していたとしても…ね(笑)次巻楽しみです!
読了日:7月29日 著者:橋口 たかし
ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)ヘタリア 2―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)感想
1巻より(私が)慣れてきて大分読みやすくなった。予備知識があった方が読みやすいかもしれないと思う。とりあえず日本最高。
読了日:7月29日 著者:日丸屋 秀和
銀魂 帰ってきた3年Z組銀八先生リターンズ 冷血硬派高杉くん (JUMP J BOOKS)銀魂 帰ってきた3年Z組銀八先生リターンズ 冷血硬派高杉くん (JUMP J BOOKS)感想
高杉のキャラ崩し!笑 アニメも漫画も読んでるせいか、文章でも鮮明に映像が入ってくるので読みやすかったです。なにげに神威さんの出番が多かったのが嬉しい。
読了日:7月28日 著者:空知 英秋,大崎 知仁
涼宮ハルヒの憂鬱 (16) (カドカワコミックスAエース)涼宮ハルヒの憂鬱 (16) (カドカワコミックスAエース)感想
んー。長期連載だから当たり前ですが当初から比べると結構絵柄変わったなぁ。初めのほうが個人的に好きかも?でもそういうの抜きにして読み始めたら止まらなくなるほど面白いです。いよいよ2年生!
読了日:7月27日 著者:ツガノ ガク
日本語教室 (新潮新書)日本語教室 (新潮新書)感想
新書課題用。言葉を受け取りやすく、共感できるものが多かった。『日本語』だけにとどまらないところが良い。
読了日:7月26日 著者:井上 ひさし
百歳百歳感想
今は子供視点だからピンとこないものもあるけど、何十年後かに読み返した時、きっと今よりも共感できると思います。心が温まるというか、浸み入るのは確か。100歳になって詩集を出すなんて素敵だなぁ。
読了日:7月25日 著者:柴田トヨ
往復書簡往復書簡感想
手紙を往復するごとに浮かび上がる真実。何度も展開を裏切ってくれる素敵な作家さんです。読み始めたら止まらない。現実離れしているのであまり深く考えずに読めるところも好きです。3話ともそれぞれの面白さがあったけど、2話目が一番よかったです。
読了日:7月25日 著者:湊 かなえ
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)感想
『たんぽぽ娘』と『クラクラ日記』読んでみたいです。 少しずつ伏線が明かされていって面白くなってきました。続きが待ち遠しいです! 読者アンケートの「栞子さんと大輔さんをイメージさせる俳優orタレントは?」って…。これはドラマ化とかしてほしくない作品。アンケート送りたいけど送れずじまい。
読了日:7月23日 著者:三上 延
妖狐×僕SS オフィシャルアンソロジー 妖狐×僕SS (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS オフィシャルアンソロジー 妖狐×僕SS (ガンガンコミックスJOKER)感想
高屋奈月さんと枢やなさんのカラー絵が目的!笑  できれば漫画のほうも書いてほしかった…! でもいろいろな視点から読めて面白かったです。やっぱり原作絵好きだな、と改めて再認識。
読了日:7月22日 著者:
ナツイチ WONDER LAND GUIDE BOOK 2012ナツイチ WONDER LAND GUIDE BOOK 2012感想
こんなものまで登録できちゃうんですね!笑 ツギコレ仕様が嬉しいです。  不思議の国のアリスのスペシャルカバーほしいな…おととし買わなきゃよかった(苦笑)集英社文庫の表紙イラストがダントツに魅力的。
読了日:7月22日 著者:集英社文庫
発見! 角川文庫 祭 2012発見! 角川文庫 祭 2012感想
POPコンクール、角川×ニコ動こらぼ、夏の名作2012…今年も企画満載ですね!角川文庫に読みたい本が集中してます(笑)
読了日:7月22日 著者:角川文庫
新潮文庫の100冊 2012新潮文庫の100冊 2012感想
一時期新潮文庫ばかり読んでいたおかげか、既読済みの本が結構あって一人でによによしてました(笑)知ってる本が増えると嬉しいですね。 ブックカバーはもらっておかなきゃ!笑
読了日:7月22日 著者:新潮文庫
妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(7) (ガンガンコミックスJOKER)感想
反ノ塚くんカッコイイ。もう、ひたすらに(笑)とりあえずもやもやしていたものが具体化してきたのでよかったです。でも切ない。次で2部終了なのですね!楽しみです。
読了日:7月19日 著者:藤原 ここあ
くじけないでくじけないで感想
今回は図書館本だけど、いつか買いたいと思う。感想は『百歳』と同様。
読了日:7月19日 著者:柴田 トヨ
日のあたる白い壁 (集英社文庫)日のあたる白い壁 (集英社文庫)感想
素敵なタイトルに惹かれて。絵画はもちろんだけど、それ以上に江國さんに興味を惹かれた。他の作品も読んでみたい!
読了日:7月18日 著者:江國 香織
夢にむかって夢にむかって感想
空の表情がすごくいい。言葉では言い表し切れないので好きな写真のページをば。( 09 15 16 21 24 33 38 40 43 )
読了日:7月17日 著者:HABU
Blue-中村佑介画集Blue-中村佑介画集感想
不思議で独特な世界観。でもそこから伝わってくるものは多い。共感できるものもあれば、面白いなと感心するものもある。きっと2回3回と見ていくうちに魅力が増すんだろうな。
読了日:7月16日 著者:中村 佑介
ディズニー そうじの神様が教えてくれたことディズニー そうじの神様が教えてくれたこと感想
読みやすい文体で文章量も少ないため、さっくりと読了できる。内容はとても心に残るもので今までにあったそうじの概念を大きく覆すこと間違いなし!カストーディアルという仕事の素晴らしさだけでなく、この世における仕事全般における意義と誇りを見出だしてくれる。ディズニーランドに行ってみたいと思った。 ――夢は諦めなければ叶う。自分で限界を決めてはいけない。
読了日:7月16日 著者:鎌田 洋
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)感想
不思議で思わずほのぼのとするオモチロイ物語。登場人物がみんなどことなく可愛い。古本市のエピソードが印象的。心のどこかでいつまでも読み続けていたいと思っていたのか、読み終わるまでかなりの時間を要した。とりあえず森見ワールドの虜です!!
読了日:7月15日 著者:森見 登美彦
日本人の知らない日本語3  祝! 卒業編日本人の知らない日本語3 祝! 卒業編感想
外国人学生さんが持つ日本語への疑問は、どれも「言われてみれば…」と思うようなものばかりで、たいへん勉強になりました。これだから日本語は面白い。日本語教師は真に日本語と向き合うことができる素敵な職業だと感じました。 卒業編と書いてあったから、これで終わってしまうのかとショックを受けていましたが、思い過ごしのようで良かったです。 ヨーロッパ編が待ち遠しい!
読了日:7月12日 著者:蛇蔵,海野凪子
ちひろ 春の画集ちひろ 春の画集感想
とても温かく、優しく、愛を感じる絵。ちひろさんが心から子供と花が好きだったのだなと率直に伝わってきます。他に冬の画集しか手に取っていないけど、断然春の方がいろいろと感じられるものがあり、くすぐったい気分になります。巻末のちひろさんのアトリエと庭も素敵でした。
読了日:7月12日 著者:いわさき ちひろ
女の子のためのクチコミ&投稿マガジン 2012年 07月号 [雑誌]女の子のためのクチコミ&投稿マガジン 2012年 07月号 [雑誌]感想
クチコミをはじめて買ってから約2年。なんでそれっきりで買うのやめたんだろう!?2年経った今になって、この面白さがようやく実感できるようになりました。将来的に絶対投稿しよう!あと購読しよう!!
読了日:7月11日 著者:
宮沢賢治童話全集 新版〈1〉ツェねずみ宮沢賢治童話全集 新版〈1〉ツェねずみ感想
自分は寓話が好きなのだと改めて思った。特に表題作のツェねずみ、鳥箱先生とフゥねずみ、クンねずみの風刺が良い。お気に入りはぶどう水、まなづるとダァリア、林の底。
読了日:7月11日 著者:宮沢 賢治
廃道 棄てられし道廃道 棄てられし道感想
文明に置き去りにされたことへの憂いなのか、自然に飲み込まれること、はたまた忘れ去られることへの恐怖なのか。心が抉られるような心地がした。とてもじゃないけど、廃道を楽しむと言うにはほどと遠いというのが読了後の感想です。
読了日:7月9日 著者:丸田 祥三,平沼 義之
空へ続く道空へ続く道感想
この道の先には何があるのだろう。少し先の未来に空はどんな表情を見せてくれているのだろう。考えるだけで胸が高まります。空の表情がとても豊かで、「私もこんな表情に出会ってみたい」と思えるようなものばかり。終始感動してました。たとえ先が見えなくとも、空へ続く道はどこまでも続いています。
読了日:7月8日 著者:HABU
歴史の道百選―森田敏隆写真集歴史の道百選―森田敏隆写真集感想
自然の壮大さと厳しさが味わえる写真集。かの偉人や人々が歩んできた道に足を踏み入れてみるのも面白いと思う。
読了日:7月8日 著者:森田 敏隆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。