スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2012年】読書まとめ1

2012年の読書メーター
読んだ本の数:204冊
読んだページ数:34297ページ
ナイス:2450ナイス
感想・レビュー:204件
月間平均冊数:17冊
月間平均ページ:2858ページ




堀さんと宮村くん(7)(ガンガンコミックスONLINE)堀さんと宮村くん(7)(ガンガンコミックスONLINE)感想
独特の関係が好きです。
読了日:3月29日 著者:HERO
西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)感想
4年前から読みたいと思っていたのでようやく巡り合えて嬉しいです。 おばあちゃんの生き方に感銘を受けました。これからの生き方に当てはめたい考え方がたくさん詰まってました。とても優しくて温かい物語。
読了日:3月27日 著者:梨木 香歩
手書きブログ公式完全ガイド (INFOREST MOOK)手書きブログ公式完全ガイド (INFOREST MOOK)感想
創作意欲を向上させたいときに読むと気分転換になっていいかも♪それにしても皆さん制作時間が短くてびっくり。私もまともに活動していかなきゃな…と思わせる1冊でした。
読了日:3月24日 著者:
べるぜバブ 7 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 7 (ジャンプコミックス)感想
東条×男鹿面白いなぁ(笑)城山さん本当にいい人だ思いました。葵ちゃん可愛いし、古市の巻き込まれ加減も半端ないですね。キャラにすごく味のある作品だと思います。
読了日:3月20日 著者:田村 隆平
べるぜバブ 6 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 6 (ジャンプコミックス)感想
ここら辺からアニメ観はじめたので、ダブルで楽しめて幸せです。 古市が顔挟まったシーン、思わず笑ってしまいました(笑)アランドロンの娘の天然っぷりすごいなぁ…。  あと気になったのが、梓ちゃんの物持ちのよさ(笑)
読了日:3月20日 著者:田村 隆平
べるぜバブ 5 (ジャンプコミックス)べるぜバブ 5 (ジャンプコミックス)感想
男鹿の腕のねじれ方尋常じゃなかったですね(笑)まさか全壊するとは…。 魔界編最初のベル坊の腕力の強さに驚きました。巻最後のオチが個人的に好きです。
読了日:3月20日 著者:田村 隆平
紅茶が動かした世界の話紅茶が動かした世界の話感想
昨年の読書感想絵画コンクール(だったかな?)の課題図書になっていたので試しに読んでみました。さすがにこれを元に1枚の絵を描くのは難易度高いような…。あと「紅茶が動かした」と銘打つのは少しずれてる気がしました。知識としてはなるほど~と思いましたが、実際の歴史とリンクさせるには少し視点が違っていたかも。
読了日:3月17日 著者:千野 境子
少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)感想
友達に薦められて読み始めたものの…最初はちょっと非現実要素が多くて食いつきにくかったです。だらだら続く語り口。そしてだんだんそれに慣れてしまう私…。なぜか終盤にはのめり込んでました。最後の数ページの有無は意見の分かれどころですね。個人的にはなかったことにします。 西尾さんの他の作品に興味を持ちました。
読了日:3月15日 著者:西尾 維新
僕らはいつも 6 (マーガレットコミックス)僕らはいつも 6 (マーガレットコミックス)感想
先生…それはないと思います。でも続きに真意があることを願って読み進めます。
読了日:3月11日 著者:藤宮 あゆ
僕らはいつも 5 (マーガレットコミックス)僕らはいつも 5 (マーガレットコミックス)感想
4巻とだいぶ時間が空いてしまって、状況を把握するのが大変でした(汗) 青春…と言っていいものなのか…。いろんな想いが交差してます。
読了日:3月11日 著者:藤宮 あゆ
紅心王子 8 (ガンガンコミックス)紅心王子 8 (ガンガンコミックス)感想
久しぶりに読んだけど、やっぱり絵が魅力的。そしてギィが気になります!次巻の展開が楽しみですね♪
読了日:3月11日 著者:桑原 草太
青空エール 6 (マーガレットコミックス)青空エール 6 (マーガレットコミックス)感想
森先輩の話よかったです。青春の塊だなぁ…!春日先輩尊敬しました。そして水島くん的確に突いてきますね。あの冷静の裏に何が隠れているのか気になるところです。この作品に出てくるキャラ、皆強いなぁ…と思います。
読了日:3月10日 著者:河原 和音
彼岸花の咲く夜に 1 (ドラゴンコミックスエイジ つ 2-1-1)彼岸花の咲く夜に 1 (ドラゴンコミックスエイジ つ 2-1-1)感想
1ページ目から最後まで、休憩なく重かった…。個人的には受け付けなかったかな。特に先生が無理です。竜騎士さんだからきっと読み進めていけば面白みが出てくるのだろうけど、これはさすがにもう限界なのでここで終わらせておきます。
読了日:3月8日 著者:
ちひろ 冬の画集ちひろ 冬の画集感想
学校の図書館で偶然見つけました。1日を終えてすさんだ身体に暖かく染みわたる1冊でした。この先何十年、何百年経っても残っていてほしい作品です。
読了日:3月5日 著者:いわさき ちひろ
堀さんと宮村くん 6 (ガンガンコミックス)堀さんと宮村くん 6 (ガンガンコミックス)感想
柳くん好きだなぁ。宮村くんのきゅうっていう顔も可愛かった。
読了日:3月4日 著者:HERO
堀さんと宮村くん 5 (ガンガンコミックス)堀さんと宮村くん 5 (ガンガンコミックス)感想
久々に堀宮ワールドにどっぷりとつかりました。こういう話好きだなぁ…(*´I`*)「5日間」と創太の友達の勘違いが個人的に好きでした。
読了日:3月2日 著者:HERO
恋する日本語 (幻冬舎文庫)恋する日本語 (幻冬舎文庫)感想
以前現代文の先生がお勧めしていたので読んでみました。読めば読むほど味の出る本です。やっぱり日本語好きだな。またいつかの機会に、手にとってみたいです。
読了日:2月22日 著者:小山 薫堂
夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)感想
この系統の本を久々に読んだので新鮮でした。 やけに洞察力があると思っていた緑さんがまさか…。緑さんと健君を見ていると『ひぐらし』を思い出しました。 これが私と同じ16歳のときに書かれた話だなんて、とても信じられません。 
読了日:2月21日 著者:乙一
つみきのいえつみきのいえ感想
何度も何度も読み返したくなるような内容の深い絵本です。初めて読んだ時、おじいさんが潜って行く時点でこのまま死んでしまうのではないかと思ってしまいました(汗) おじいさんたちが紡いできた物語はとても暖かくて、幸せで。今まで見てきた中で一番素敵な家とその家族です。
読了日:2月18日 著者:平田 研也
君に届け 15 (マーガレットコミックス)君に届け 15 (マーガレットコミックス)感想
ちづ×龍最高です!!地味に1巻からずっと応援してたのでここにきてようやく進展したのが素直に嬉しい。 ケントの人柄の良さは天下一品だと思いました。
読了日:2月16日 著者:椎名 軽穂
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)感想
栞子さんが一層はかなく、それでもしっかりしてきたような気がします。1冊目より読み応えがありました。続きがでたらまた読みたいと思います。  あぁ。古書店に行きたい!
読了日:2月12日 著者:三上 延
ひよ恋 6 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 6 (りぼんマスコットコミックス)感想
ついにお付き合いですね!そろそろコウくんとりっちゃんがキーパーソンとして動き出すころかな?ここからが本当の楽しみだったりします。 番外編読んで思ったけど、りっちゃん髪のびるの早いっ!!笑
読了日:2月12日 著者:雪丸 もえ
ひよ恋 5 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 5 (りぼんマスコットコミックス)感想
やっぱりレイナちゃんがいい刺激役になってきてくれましたね!まぁ周りがゆるいから少しきつく見えすぎてるような気もしますが…。
読了日:2月12日 著者:雪丸 もえ
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)感想
1冊の本を軸に物語が進んでいく点で『文学少女』と共通したものを感じました。本を読み進めながらさらに気になる本を見つけられるっておいしいです。内容については一言だけ、いくら復刻版であっても本を燃やすという行為はちょっと許せなかったかな。話自体は嫌いじゃないので続巻も読み進めていこうと思います。
読了日:1月28日 著者:三上 延
“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3) (ファミ通文庫)“若紫” ヒカルが地球にいたころ……(3) (ファミ通文庫)感想
しーこが「犬」じゃなくて「是光」って言った瞬間が嬉しかったです。最後にあんなふうに落ち着くとは全く想像してませんでしたが…。ヒカルの真相ことはもちろんだけど今は朝衣とひいなの方が気になります。あとは…話が進むにつれてなんとなく帆夏とななせの姿が重なって行きます。
読了日:1月23日 著者:野村 美月
ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)感想
ひぐらしシリーズを読み始めたころは、こんなにも奥の深い話だとは想像もしませんでした。「本当に戦うということは自分で選ぶこと」今の自分には一番突きささる言葉です。これだけではなく、梨花ちゃんの100年間を通して、たくさんのことを学べました。
読了日:1月9日 著者:竜騎士07
黒執事(13) (Gファンタジーコミックス)黒執事(13) (Gファンタジーコミックス)感想
素晴らしいフルコースを戴きました。リジー美しいし、不死鳥からの葬儀屋!!なんといってもやっぱシエルとセバスは最高です。 
読了日:1月7日 著者:枢 やな
ひよ恋 4 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 4 (りぼんマスコットコミックス)感想
律花とコウの絡みが好きです。前々からうっすらと予想はしてたけどやっぱり妃ちゃんいなくなる進みかたなんですね…見られなくなるのは残念です。
読了日:1月6日 著者:雪丸 もえ
ひよ恋 3 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 3 (りぼんマスコットコミックス)感想
個人的にはコウくんにもっと動いてもらいたいです。夏樹ちゃんの恋物語は膨らむなぁ…♪
読了日:1月6日 著者:雪丸 もえ
ひよ恋 2 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 2 (りぼんマスコットコミックス)感想
ひよりちゃん可愛い…!!ここまでの愛されキャラを見たのは初めてです。じれったさを感じるどころか夢中で応援してます。
読了日:1月6日 著者:雪丸 もえ
ひよ恋 1 (りぼんマスコットコミックス)ひよ恋 1 (りぼんマスコットコミックス)感想
ひより可愛いです。こんなにも愛されキャラな主人公が存在したとは…。わがクラスにもいてほしいな…そしたら夏輝役に回ります(笑)
読了日:1月1日 著者:雪丸 もえ
青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)感想
続けて読破。親子愛ですねぇ…和尚と坊の性格の良さに憧れます!!それにしても不浄王…巨大カビみたい。雪男がどうなるか気になるところですね。
読了日:1月1日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)感想
2012年一発目はこれ。面白く展開してきましたね!!どんな真実が待ち受けているのか楽しみです^^
読了日:1月1日 著者:加藤 和恵

2012年に読んだ本まとめ
読書メーター
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。