スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎解きはディナーのあとで 感想

映画 謎解きはディナーのあとで DVDスタンダード・エディション映画 謎解きはディナーのあとで DVDスタンダード・エディション
(2014/02/19)
櫻井翔、北川景子 他

商品詳細を見る



去年観たかったけど観れていなかった映画!

続きを読む »

スポンサーサイト

神様のカルテ 感想

【映画パンフレット】 『神様のカルテ』 出演:櫻井翔.宮崎あおい.要潤.吉瀬美智子.岡田義徳【映画パンフレット】 『神様のカルテ』 出演:櫻井翔.宮崎あおい.要潤.吉瀬美智子.岡田義徳
()
東宝

商品詳細を見る



原作を3巻まで読了したので観てみました。

続きを読む »

プラチナデータ 感想

プラチナデータ DVD  スタンダード・エディションプラチナデータ DVD スタンダード・エディション
(2013/09/27)
二宮和也、鈴木保奈美 他

商品詳細を見る




前から気になっていた作品をレンタル!

続きを読む »

真夏の方程式 感想

真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション真夏の方程式 DVDスタンダード・エディション
(2013/12/25)
福山雅治、吉高由里子 他

商品詳細を見る



前から観たかった作品!

続きを読む »

蛍火の杜へ 感想

蛍火の杜へ【通常版】 [DVD]蛍火の杜へ【通常版】 [DVD]
(2012/02/22)
内山昂輝、佐倉綾音 他

商品詳細を見る




「言の葉の庭」に同じく店員さんのおすすめ作品です。
「夏目友人帳」の緑川ゆきさんの作品だと聞いて思わず借りました(笑)

続きを読む »

『言の葉の庭』 感想

劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD
(2013/06/21)
入野自由、花澤香菜 他

商品詳細を見る



某レンタルショップで店員さんのおすすめになっていたので(*´ω`*)

続きを読む »

音楽舞踏会 黒執事~その執事、友好~ 感想

音楽舞闘会「黒執事」-その執事、友好- [DVD]音楽舞闘会「黒執事」-その執事、友好- [DVD]
(2009/12/02)
松下優也、阪本奨悟 他

商品詳細を見る




友達に借りました!
初ミュージカルです(´▽`)

続きを読む »

聖☆おにいさん 感想

聖☆おにいさん(通常版) [DVD]聖☆おにいさん(通常版) [DVD]
(2013/10/23)
森山未來、星野 源 他

商品詳細を見る



CM観てからずっと気になっていた作品。
やっと観ることができました。

                                           

続きを読む »

2014年1月読書まとめ

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:4041ページ
ナイス数:471ナイス

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)進撃の巨人(8) (講談社コミックス)感想
アニ好きだったのになあ。ちょっとショック。穴も塞げないのにあんな高い壁どうやって作ったんだろう…とずっと疑問に思ってたんだけどこういうことか。壁全部に巨大巨人が入ってるなんて想像しなくてもゾッとしました。
読了日:1月31日 著者:諫山創
進撃の巨人(7) (講談社コミックス)進撃の巨人(7) (講談社コミックス)感想
突き落として、突き落として、突き落として、持ち上げて、突き落として、突き落とす。7巻までの感想こんな感じ。リヴァイ班…。
読了日:1月30日 著者:諫山創
進撃の巨人(6) (講談社コミックス)進撃の巨人(6) (講談社コミックス)感想
クリスタ神様…。とりあえず3人死ななくてよかった。兵長のよさがだいぶわかってきたような!な巻でした。女型誰なんだろう。
読了日:1月30日 著者:諫山創
進撃の巨人(5) (講談社コミックス)進撃の巨人(5) (講談社コミックス)感想
裏表紙の人数が反映されてるところがなんともつらい。登場人物も×印だし…。手記どうなるんだろう。兵長の演出どきついなあ。人情味はかなり希薄だけど調査兵団の上に立つという意味では適役。知性を持った巨人に巨人を引き連れてきた女型の巨人、どうなることやら…。
読了日:1月30日 著者:諫山創
進撃の巨人(4) (講談社コミックス)進撃の巨人(4) (講談社コミックス)感想
現在と過去の切り替えが分かりにくくて所々戸惑った。感情的なのに淡々とした作品だなぁ。現在なのに過去を追ってるような読了感。サシャとアニのキャラが好き。
読了日:1月29日 著者:諫山創
進撃の巨人(3) (講談社コミックス)進撃の巨人(3) (講談社コミックス)感想
ずっと絶望が続く漫画なのかと思ったらそんなこともなかった。アルミンが魅せてくれた巻。そして噂のリヴァイ兵長!正直言うと兵長の何がファンを魅了しているのかが気になったので進撃読み始めました(笑)
読了日:1月29日 著者:諫山創
旅猫リポート旅猫リポート感想
先が読めるのにじーんと来る。やっぱり有川さんの書き味素敵です。一人と猫一匹の物語。ほとんど猫視点っていうのがいい。実際の動物たちもこういうこと考えてるのかなと考えると、動物と接するのがなおさら楽しくなります。ナナの美徳が素敵だった。ナナと悟は最高の相棒ですね。死がつらい、悲しいというのではなくて新たに繋がるもの、残っていくものがあるんだという暖かい印象で締められているのがよかった。
読了日:1月29日 著者:有川浩
モノクロ少年少女 8 (花とゆめCOMICS)モノクロ少年少女 8 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】(柱より)福山さん宅の猫が可愛すぎて(笑)本編が少々重くなってきている分、余計に癒されます。再びクロヒョウ国編。何気に黒蘭が一番クロい。兄弟共々幸せになってください!
読了日:1月28日 著者:福山リョウコ
モノクロ少年少女 7 (花とゆめCOMICS)モノクロ少年少女 7 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】先輩話かなり好き!最後の審判は感動ものでした。つらい選択だけどこの2人はいい1歩が踏み出せて良かった。別れのシーンは何度も読み返してしまいます。呉羽は何を飲まされたのだろうか…。再読のはずなのに所々初めて読んでいるような気分です。
読了日:1月28日 著者:福山リョウコ
モノクロ少年少女 6 (花とゆめCOMICS)モノクロ少年少女 6 (花とゆめCOMICS)感想
【再読】右京の天然デレが増えて可愛いです。みんなそれぞれ迷ったり、すれ違ったりすることもあるけど、根にはちゃんとした繋がりがあるのがわかるから安心してみていられる。男装した蝶々がツボでした。
読了日:1月28日 著者:福山リョウコ
都会のアリス (物語の王国II 5)都会のアリス (物語の王国II 5)感想
挿絵が素敵。最初から最後まで空を掴むような感じで、あまり話に入り込めませんでした。綺麗すぎる?文章自体は読みやすくさらさら進みます。「不思議の国のアリス」が既読ならもう少し楽しめるのかな。個人的には少しもの足りませんでした。
読了日:1月28日 著者:石井睦美
あとがきあとがき感想
発売当初から探していたものをようやく発見。2年越しです。想像力をフルに使えて楽しかったです。「つみきのいえ」とはまた違った雰囲気で新鮮でした。「てぶくろ」「夜桜」「窓ぎわ」が共感できて好き。あたたかみのある絵だけでももちろん楽しめるけど、そこに添えられた言葉の素敵さといったら。
読了日:1月27日 著者:加藤久仁生
マギ 8 (少年サンデーコミックス)マギ 8 (少年サンデーコミックス)感想
バルバッド編完結。最後のルフの流れのシーン好きだなぁ。最後までみるとやっぱりカシム好きだし、ジュダルがどうしても可哀想な子にみえる。アリババとアラジンの太り落ちが一番予想外な展開です(笑)次はシンドリア!ヤムさん可愛いです。食客勢好きだから次巻が楽しみ。
読了日:1月27日 著者:大高忍
マギ 7 (少年サンデーコミックス)マギ 7 (少年サンデーコミックス)感想
アニメ観てから読んだため話の進むテンポが余計によく感じられました。考え方、視点、そして伝え方次第で人々に大きな影響を与えてしまう。言葉の影響力って絶大だなと思った巻です。1回崩れてしまったものを立て直すのって、1から作り上げるよりも難しいかも。次巻、バルバッド編完結!展開知ってても面白いなあ。そして紅玉可愛い。ジャファさん可愛い。
読了日:1月26日 著者:大高忍
進撃の巨人(2) (講談社コミックス)進撃の巨人(2) (講談社コミックス)感想
1巻よりもグロさ倍増。主人公が巨人になるっていう話は聞いてたけど、こういうことか…。気になる点が増えていくばかりで、作品にのめり込むのはまだ先かな。
読了日:1月25日 著者:諫山創
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)感想
話には聞いていたけど出だしから精神的ダメージの多い作品。ただ、画風のおかげか描写もグロいけどさっぱりした印象でした。そこがまた怖いですけどね…。それ以上に話にのめり込める勢いと人間性という意味で得るものが多い作品なのだろうと思います。伏線らしきものがたくさんあったし、これからどう展開するのか期待!
読了日:1月25日 著者:諫山創
日々蝶々 1 (マーガレットコミックス)日々蝶々 1 (マーガレットコミックス)感想
こういうもどかしさは今までになかったかも。そしてなにより1巻を通して数えるほどしか喋らなかったすいれんちゃん。どこをとっても新鮮です。口下手超美少女×硬派男子という現実ではまずないだろう関係だからこそ今までにない視点が見えてきていいなと思いました。すいれんちゃんの「校舎が変わった」っていう表現とか各キャラの表情描写好きだなぁ。ヒロインふたりが自発的に動くというよりは小春ちゃんはじめ周りが物語全体を引っ張ってくれそうな印象が強いです。
読了日:1月24日 著者:森下suu
枢やな画集 黒執事 1枢やな画集 黒執事 1感想
コミック派にとってら初見作品がかなり多く見ごたえのある作品集でした。枢さんは画風があまり変わらない印象があったのですがこうして経過ごとにみるとキャラの表情や色合いに結構変化がみられて面白かったです。着彩にもバリエーションがあって新鮮でした。黒が基調なこともあってか、赤が映えますね!書き下ろしのマダムとグレルの肖像画にドキッとさせられました。まさに妖艶な雰囲気。今回の作品のなかで一番印象的でした。1巻ということはもしや…?と思った通り、2巻を期待していいみたいでよかったです。
読了日:1月24日 著者:枢やな
となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)となりの怪物くん(13) <完> (デザートコミックス)感想
期待の番外編。期待以上でした!「ササ夏」とな怪カップルの中ではダントツで好きです。ササヤン視点。最終巻で1コマしかなくてかなり気になっていた高3夏祭りが…!夏目ちゃんの「ではドロン」と最後のページがたまらなかったです。「伊代」山口兄妹はいいキャラしてます。髪サラサラです。大好きです。距離感がいい。2人とも幸せになってほしいですね!「隆也×千づる」隆也くんが大島さんにグッときてるたびに『隆也くん、あなたがたまらないですよ!』と思いながら読んでました(笑)直球なところとか、顔のぞきこむ仕草とか天然タラシなので
読了日:1月24日 著者:ろびこ
黒執事 (18) (Gファンタジーコミックス)黒執事 (18) (Gファンタジーコミックス)感想
表紙がかっこいい。学園編完結。もっと引きずるかと思いきや、最後はさらっとしてました。後半は魔女の呪い編序章といったところでしょうか。相変わらず黒い…(汗)繋ぎにあったお出かけ回がほのぼのしていてよかった。前後があれなぶん余計に…ね。
読了日:1月23日 著者:枢やな
“文学少女"と飢え渇く幽霊 (4)(完) (ガンガンコミックスJOKER)“文学少女"と飢え渇く幽霊 (4)(完) (ガンガンコミックスJOKER)感想
“文学少女”シリーズの中でも特に辛いラストが待ち構える「飢え渇く幽霊」原作の協会での挿し絵は読んでから数年たった今でも鮮明に覚えています。文章でも辛かったのに漫画で読めるのか…という懸念を抱きつつでしたがなんとか読了。漫画で読んでみると絶望も切なさも倍増でした。蛍ちゃんの表情や言葉が重くのしかかる。ラストは漫画オリジナルアレンジ。「過去には戻れない。」に続く台詞が個人的に好きなので引用されていて嬉しかったです。カットがよかった!これで本当に終わっちゃうなんて寂しいですね。“文学少女”の物語の先をもう少し覗
読了日:1月22日 著者:野村美月,高坂りと
花とゆめ 2014年 2/5号 [雑誌]花とゆめ 2014年 2/5号 [雑誌]感想
予想的中!「それでも世界は美しい」アニメ化おめでとうございます。ギャップ差が激しいのは嫌ですが、アニメならではの演出に期待。「神様」いつもとは違う雰囲気。巴衛の表情が切なかった。「世界」テーベ活躍回!次回からシリアス回始まるのかな?「なまいき」今回初めて気づいたけど男女の身長差が激しい。「天使」いつもと違うゆい子ちゃん。かっこよかった!「忘却」リリア健気すぎて泣いた。「俺様」こちらも記憶が…。ひたすら不安な展開。「王子」仁消えたの…?「ぽちゃまに」大西くん好き。「バラの子」倖成のお母さんが予想以上にねじま
読了日:1月22日 著者:
恋する伊勢物語 (ちくま文庫)恋する伊勢物語 (ちくま文庫)感想
伊勢物語は未読ですがかなり面白かった!俵さんの記述にもありますが、高校の授業で習った伊勢物語と全然違う世界が広がっていて印象が大きく変わりました。「在原業平の一代記」という印象しかなかったのですが、実際はより幅広く濃い作品でこの作品を読んでいるだけでもいろんな気持ちにさせられました。現代訳のほうは小学生向けの書籍として出版されているようですが、ぜひ読んでみたいです。
読了日:1月13日 著者:俵万智
花とゆめ 2014年 1/20号 [雑誌]花とゆめ 2014年 1/20号 [雑誌]感想
「ぽちゃまに」このマン7位おめでとうございます!そして「フルバ」再放送!!「なまいきざかり。」由希も成瀬もツボすぎて…(笑)というより作風自体がかなりツボ。本格連載かなり嬉しいです。「ヨナ」「覆面系」次回かなり展開しそうで楽しみ!!「忘却の首と姫」サプライズからまたラブラブコースかと思いきや、まさかの記憶喪失でビックリしました。「アンダースタンド!」少女まんが新人大賞作品。発表の好評読んでて面白そうだったので掲載されて嬉しいです。絵はシリアス系なのにしっかりコメディが入ってて面白い。最後感動だけで終わらせ
読了日:1月6日 著者:
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(1) (ファミ通クリアコミックス)艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(1) (ファミ通クリアコミックス)感想
作者陣の艦これやり込み度がよくわかるアンソロ。提督さんが楽しむ仕様です。とはいえ実況でしか知らないわたしでもそこそこ楽しめました。龍田、天龍が多い印象。個人的には五月雨ちゃんと時雨ちゃんが可愛かったです。もっといろいろ出して欲しい!
読了日:1月3日 著者:
高屋奈月 画集「フルーツバスケット」高屋奈月 画集「フルーツバスケット」感想
【再読】すぐ下に1年ほど前の自分の感想があって恥ずかしい(笑)どのイラストを見ても今にも話し出しそうな勢いがあって好き。後半になってくると本編のことを思ってついついグッときます。1年ほど前に読み直したばかりですが、また全巻読み直したくなりました(笑)
読了日:1月1日 著者:高屋奈月
花とゆめ 文系少女 2014年 2/1号 [雑誌]花とゆめ 文系少女 2014年 2/1号 [雑誌]感想
気になっていたけど読めていなかった「植物図鑑」「和菓子のアン」「公家武者松平信平」のコミカライズということで買ってみました。予想を超えて満足!すぐにでも原作読みたいし、コミカライズの方も早く続きを…!と思うくらいでした。表題6作はもちろんのことですが、「書店ガール(綴)」「なやめる文学荘」「私の本棚」がよかった。ほのぼのしました。文学作品だけでなく、児童書や絵本まで許容されているのはかなりおいしかったです。とりあえず久々に「モモ」のところへ行きたいです(笑)
読了日:1月1日 著者:

読書メーター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。